夜勤介護のお仕事 本当に大変だったが価値観が変わった

介護のお仕事。本当に大変なお仕事です・・・

まあ人によって何を大変と捉えるかというのも全然違いますので一概にそうとも言えませんが自分には大変と感じました。

超絶楽な介護施設の宿直とは違います。

ガッツリ介護のお仕事です。

宿直と何が違うの?

超絶楽だった介護施設の宿直のお仕事は施設管理の部類になります。

つまり管理するのは無機質な建物。施設を夜の間なんかあったらよろしくね!

なんもなかったら寝てていいよ。

こういうものです。

めっちゃ楽です。

というかこのブログのこの記事を今まさに宿直の暇な時間に書いてます。

かれこれ夜の八時前には暇になって、朝の6時までこのままずっと暇ですw

これ書き終わったら寝ます。

老人ホームの宿直の仕事についてはこちら

そして今回紹介するのは夜勤の介護職

管理するのは利用者さん。つまり人間です。

ガッツリ介護のお仕事です。

利用者さんのほとんどが訳アリだったの本当に大変

初めての出勤。

介護は未経験でしたので緊張して出勤しました。

ショートステイという一時的に利用者さんがお泊りする施設なんですが、その日は6人の方が宿泊される予定でした。

しかしなんと、そのうち3人は熱が出ており、2人は骨折していましたw

病院!?

というツッコミを抑えるのに必死でしたがなんとか抑え込みました。

熱出ている方はもう本当にぐったりしていました。

意識はあるもののずーっとボーっとしており、トイレやや就寝、食事等も介助ありでも相当キツイ状態でした。

食べこぼしもすごい量こぼしてました。

骨折した方も精神的に病んでしまっており、かなり難しい状態でした。

メッチャ電話かかってきて

助けて!

って言われて駆けつけても特に何もなく泣いているだけ。

こういう表現が合っているかわかりませんがかわいそうだと感じました。

しかたないんですが、なんとかしてあげたいと思いました。

もちろんこの方たちは一生懸命がんばっているので応援したい気持ちはあります。

しかし自分の未経験な知識ではどうすることもできませんでした。

今後の不安が大きすぎたの続けられないと思った

こういった現場を目撃するのは初めてだったのでショッキングな内容でした。

なにより未経験の自分がこの仕事を自分一人でするということに半端ない不安感がありました。

研修は2日のみ。

3日目以降は一晩中1人です。

無理や・・・

最近入った新人さん(僕と同じく未経験)が介助を失敗して利用者さんに怪我をさせてしまったそうです。人で不足な介護業界ではしかたないことなんでしょうが・・・

それ間違いなくワイもしてしまうやつや。

その日はずーっと動きっぱなしで休む暇は全くありませんでした。

寝不足ですw

夜中もトイレに連れて行かないといけませんし、朝も早くから朝食の準備をしなければいけません。

同じ介護施設でも宿直と内容が違いすぎました。

こういう現場を見ることが人生においていい経験になる

今まで普通に生活していてこういう景色を見たことがありませんでした。

介護施設で働いていても、サ高住のように自立した人達で少し痴呆症くらいなものだったのでなんとも思ってませんでした。

しかし特養なんかはこれが当たり前でそういった何もできない人たちばかりがおられるのですね。

自分の人生においてずっと先だと思ってましたが、将来自分の親やもちろん自分や自分の嫁さんもこういう風になるんだなと思ったら少し感慨深いものがありました。

しかしそういう現実を知ることができたということが自分の人生においてプラスになったと思います。

介護のお仕事をされている方は本当にすごいと思いました。

まとめ

未経験で介護の仕事を体験してみてわかったことは人間の、人生の終着地点はこういう感じなんだなと言うこと。

普通に生活しているとなかなかこういった人と関わることはありませんので、自分の人生のゴール付近ではどうなっているのかなんて想像もつきません。

この仕事をしてみてそれがわかったとまでは言いませんが、少しイメージできるようになりました。

本当に大変でしたが大きく価値観が変わったいい経験になりました。

スポンサーリンク

フォローする