工場の残業 仕事内容は?残業代は出るの?

工場で勤めていると残業は切っても切り離せません。

実際工場で行われる残業とはどういったものなのでしょう

何人くらい残るのか、残業時間は?仕事内容は?残業代は?サービス残業は?

会社にもよりますが、似たようなところが多いかと思いますので紹介します!

残業の仕事内容は??

一番多いのはその日に生産できなかった分を残業時間で生産するということですね。

日中にトラブルが起こったり、休みが多すぎて人数が足りない等色んな理由がありますが、その日の計画生産を達成できない場合は残業になります。

その場合は計画数が全て終わるまで行い、終わり次第片付けして帰ります。

次に多いのは設備の修理やメンテナンスです。

日中は生産しているので設備をストップすることができない分残業時間にこなすしかない仕事です。

明日もその設備を使うので、その日のうちに修理を終わらせないといけません

終わるまで帰れまてん。

長い日には10時11時までかかることもあります。

最後に月に一回のミーティングです。やはり日中は生産があるのでゆっくりミーティングすることもできないので、残業時間にします。

だいたい強制的に一時間くらいはしますね。

ダラダラするのは嫌ですが、いつもだらけてしまいます・・・

月に何時間くらい??

1日2時間で月40時間程残業することもありました。

別の会社ではほとんど残業が無いようなこともありました

会社によってけっこう違います。

ただこの時代、残業はどこの会社も減らしていこうという傾向がありますので、無駄な残業は減っていくのではないでしょうか。

40時間残業した場合残業代は割増になりますので平均10万円くらいになりましたので、正直バカにならないくらいの差だと思います。割増率は平均1.25倍くらいですかね。

急に残業0になったら生活の計算できなくなりますね・・・

残業代の上限や残業規制を設けられている可能性もありますのでしっかり確認しましょう。

帰りにくいとかある??

これは部署によります。

上司が残業に対してどう思っているかでかなり変わります。

残業賛成派の上司でしたら、すぐ帰る部下は無能のレッテルが貼られます。

無駄にダラダラ残業していてもなぜか評価は上がり続けるのです。

強要されることもあります。

残業反対派の上司でしたら、無駄に残業しないように努力しろと言うはずです。

そんなこと明日しなさい!

と帰らされることもあります。

こればっかりは配属されないとわかりません。

上司に合わせるしかないというわけですw

まとめ

工場の残業は部署によってかなり違います。

残業代はかなりの収入になりますが、上司によっては残業の価値観がかなりかわりますので、将来のことを考えると上司の価値観に合わせて残業をするかしないかを判断すべきかと思います。

まあ残業するにしても基本的にはそんなにしんどくないような内容ではあると思います。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク