楽すぎるガソリンスタンド 面接内容、対策は?

当ブログで紹介している楽すぎる仕事。

深夜のセルフスタンドでのお仕事です。

基本的に一人で待機しているだけで、その間はお菓子食べてもYouTube見ててもOKという自由度の高くて超楽チン、さらに煩わしい人間関係も接客もほとんどないという神々の仕事です。

この仕事をするためには他の仕事と同様に面接を受けて通過しないといけません。

一回の面接で合格できるようにどういう面接内容だったかを紹介します。

どういう面接?

僕はこれまでスタンドの面接を4社受けてきました。

曜日を固定したかったのと夜勤専属で働きたかった(かなりわがまま)ので全てを合格と言うことにはなりませんでした。

場所は基本的に店舗内や休憩スペース等で行われることが多いです。

一社だけ、高速道路のサービスエリアの店舗だったんで、サービスエリアのイートインみたいな場所でやりました。

どの会社の面接も基本的に柔らかい雰囲気での面接でした。

聞かれたのは

・なぜスタンドの仕事をしようと思ったのか?

・仕事内容の説明

・Wワークの場合その両立は本当に可能なのか?

・希望勤務曜日等

と言うような流れが主です。

やたらと脅してくることも

夜中は一人なんで、全てを一人でこなさないといけません

設備のトラブルやややこしいお客さんの対応も当然しないといけません。

過去にこんなややこしい人がいた、過去にこんなややこしい事態になった等の体験談なんかを話してこられました。

脅しのようにも捉えることができますが、そのくらいの覚悟を持ってから仕事に臨んでくれと言うことだろうと思います。

実際はそんなややこしいお客さんも、設備トラブルもまあほとんどありませんのでご心配なくw

資格の確認

当然必要になってくるのが資格です。

セルフのガソリンスタンドは危険物取扱者乙種四類という国家資格が必要となります。

資格の取得自体はそこまで難易度の高いものではありません

しっかり対策して勉強すれば楽勝で取得できます。

対策についてはこちらからどうぞ!

当然この資格がないと一人勤務で働けませんので、資格保有者であるかどうかは必ず確認されます。

まとめ

基本的に面接自体は簡単な面接です。

正直に言うと通過難易度は全然高くないと言えます。

しかし甘く見ていると落とされる可能性はありますので、しっかり自己紹介志望動機等は言えるようにしておいた方がいいです。

あとは資格の確認等をされますので、免状を用意しておかなければなりません。

スポンサーリンク

フォローする