カフェのお仕事 月に一度の地獄のエリアミーテイング

カフェの店長や副店長クラスの人たちが集まって月に一回エリアミーティングをするんですが、本当に地獄のような空間でした。

本当にこの瞬間が嫌で嫌で・・・w

それまで色々準備するのですが、この日のことを考えると憂鬱でした。

まあそのエリアのミーティングだけなんでしょうけど、よかったら参考までに!

ミーティングの内容は?

本当に単純なミーティングです。

月間の売り上げや取り組んだ活動、その成果、来月の目標とそれを達成するためにどういった活動をしていくか。

各店舗ごとにそれぞれの発表をし、エリア全体、会社全体としてどういう方針で行くのかという情報の共有。

そういった当たり前と言えば当たり前のような内容です。

ミーティングの内容自体に不満は全くありません。

みんな真面目に準備して発表しておりました。

エリアマネージャーがヤバい

エリアマネージャーが本当にヤバい人でした。

とにかく怖い。

ずっとピリピリした雰囲気で何かにつけて反論したりダメ出ししたりします

みんな文句を言われるのが恐くなって発言しなくなっていきます。

誰も発言しないことに対して、またグチグチと言い始めます。

意識が低いとか、積極性が無いとか・・・

そんな悪い状態が負のスパイラルのように増幅し、本当に険悪な雰囲気の中ミーティングは進められていきます。

名付けるなら「圧迫ミーティング」というところです。

あんなに長く感じた二時間は他にありませんw

順番にコーヒーのプレゼンをしないといけない

自分の好きなコーヒーはこれです。

なぜなら○○と理由です。このコーヒーに合うお菓子はこれです(持参)。

と言ったプレゼンをするんです。

まあこのプレゼン自体は別に苦ではなく、本来ならコーヒータイムを楽しむひと時なんですが・・・

エリアマネージャーの鬼のツッコミを一人だけで受けないといけないわけですよ。

「お、おら一人の力じゃ勝てねえ・・・」

と心がポッキリ折れた状態で地獄のミーティングがスタート(今からスタートするのだw)するわけです。

ボロボロの状態からさらにボロボロにされます。

もう立つ気力もままならないフラフラな状態でみんな会議室を出ます。

軽く愚痴を言い合って(無気力状態で)すぐに解散します

この後みんなでご飯でもとか一切ありません。

体力も気力も残ってないんですもんw

これまででミーティングが一番苦痛だったのは間違いなくこの会社です。

まとめ

この会社だからどこでもそうと言うことではありません。

たまたまどえらいエリアマネージャーのエリアに当たってしまったということだけですw

そのエリアマネージャーもきっとみんなのことを考えてあえて心を鬼にしてキツイ要にしていたんだと思います。(そう思いたい。)

スポンサーリンク

フォローする