転職の要注意事項 ブラック企業とホワイト企業の求人票の見分け方

転職をする際に転職先がどういう企業であるかしっかりリサーチする必要がありますが、どういったところを見ていますか?

ブラック企業ホワイト企業かで全然違いますし、もしブラック企業だったとしたら後悔することになってしまいます。

面接を受ける際にその会社がブラックかホワイトか見分け方を紹介します。

ブラック企業・ホワイト企業とは?

どういう定義なんでしょうか?

ブラック企業はこうです。

ブラック企業(ブラックきぎょう)またはブラック会社(ブラックがいしゃ)とは、「新興産業において若者を大量に採用し、過重労働・違法労働・パワハラによって使いつぶし、次々と離職に追い込む成長大企業」(今野晴貴による定義)を指す。「従業員の人権を踏みにじるような全ての行為を認識しつつも適切な対応をせずに放置している企業」との指摘もある。

引用 https://ja.wikipedia.org/wiki/ブラック企業

対してホワイト企業はこうです。

ホワイト企業(ホワイトきぎょう)とは、就職活動を行うに際して、入社後に福利厚生が整っていたり離職率が低いなどから入社することが好ましいとされている企業。ホワイト企業とされる企業の特徴として、種々の要素が挙げられるが、ワーク・ライフ・バランスの充実のほかダイバーシティの推進などの面で優れた会社を指す。

引用 https://ja.wikipedia.org/wiki/ホワイト企業

定義だけ見ただけでも全然違いますよね。

判断する項目としては

働きやすかどうか?

将来性があるかどうか?

この二項目で判断されているような印象です。

大手だからホワイト企業、中小だからブラック企業と言うことはありません。

むしろ逆のパターンも多く存在します。

認定されたブラック企業一覧、ホワイト企業一覧を見てもその傾向はつかめます。

福利厚生は充実しているか?

ホワイト企業の条件としては福利厚生というのは非常に重要なポイントです。

例えば

家族手当

住宅手当

通勤手当

等の手当てが充実していること。

もしくは保養所等会社の名前を出せば安く利用できるような施設があるかどうか等も福利厚生の一つですね。

こういった項目が充実している会社はホワイトである可能性が高いです。

残業代はしっかり出るのか?

ブラック企業の代名詞と言えば残業です。

残業は月何時間くらいあるのか?

残業代はしっかり出るのか?

これは非常に重要なポイントです。

しかし要注意なのはみなし残業です。

営業なんかで多いのですが、例えば20時間までの残業代はみなし残業として営業手当で付きますが、20時間を越える分は残業です。手当として出ますと記載されている場合。

基本的に20時間くらいは残業になるんです。

この時間を切ることはまあないでしょう。

問題は果たしてこの時間を越えた場合残業代が出るのか?です。

ほとんどの場合なかなか出ないでしょうし、相談しても聞いてくれません。

基本的に20時間のみなし残業でできる業務量であるとされます。

それを越えるということはサボっている。努力が足りないとされ残業をつけようとすると嫌な目で見られたり、つけにくい空気があったりします。

これは要注意な部分です。

賞与はどのくらい出るのか?

ボーナスって年収に大きく影響してきますよ。

100万200万くらいの差がでることもザラです。

そしてこの賞与がどれだけ出るのかってしっかり調べる必要があります。

例えば昨年度実績4ヶ月という風に書かれていれば問題はありませんが、5~100万みたいに書かれていたらどれくらいもらえるか全くわかりません。

5万でも全く文句言えないわけです。

酷いのは賞与有りと書かれているが詳しい額面は空白の時。

ぼくの聞いた体験談では賞与が

仕事で使うジャンバーだった人

みかんだった人

がいますw

もう一度言います

みかん

ボーナスがみかん(MIKAN)です。

でも賞与として支給されているので賞与有りと書けるんですね。

みかんはブラックすぎる!w

その求人ずっと前から出てない?

求人の掲載がかなり前だったり、いつ見ても求人が掲載されていると要注意です。

それはつまり慢性的に人手不足であるということです。

新人が入ってはやめ、入ってはやめを繰り返している状況にある可能性が高いです。

つまりブラック企業である可能性が高い会社の特徴ですね。

求人の掲載期間等はしっかり確認しておくべきですね!

まとめ

入る前にブラックかホワイトかを判断するのは難しいことですが、いろんなところにヒントは隠されています。

求人票をしっかり見てブラック企業に入って後悔しないようにしましょう!

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク