転職が下手な人・上手く行かない人はここに理由があった!

転職活動って気が重くて早く終わらせたいものですね。

でも転職活動が下手な人はなかなか就職先が決まらずにどんどん活動期間が延びて行ってしまいます。そうなると精神的にもすごくしんどいですね。

転職活動が下手な人って何がダメなんでしょうか?

理由があるから上手く行かないんです。失敗するんです。自分の転職活動を見直してみましょう。

仕事の棚卸ができていない

面接は転職先の会社に自分と言う商品を売り込む営業活動のようなものです。

その商品の良さ、性能を上手に説明できないと何のアピールにもなりません。

つまり面接であなたの良さ、能力をしっかりアピールできないと面接では落ちます。

そのためには自分を知るために自己分析をしっかりする必要があります。

これまでどんな仕事をした経験があり、どんな能力があり、どう貢献できるか。

こういった仕事の棚卸ができていないとアピールの軸がブレるので面接官からは魅力的には映りません。

転職先に向き合う前にまず自分と向き合ってみて下さい。

転職先の条件が定まっていない

どういう会社で働きたいのか

どういう待遇なのか

通勤時間はどのくらいまでなのか

仕事内容は?

そういった詳しい条件をしっかり考えていますか?

ただなんとなく転職活動しているだけだと、面接官には熱意がないのが伝わります。

闇雲に受けるのではなくこの条件を満たしている会社に全力でぶつかる!といった風にメリハリを付ける方がいいでしょう。

転職活動の計画を立てていない

何月までに内定をもらう。

いつまでに退職届を出す。

そういった計画は立ててますか?

なんとなく受かるまでやる。

みたいになってませんか?

失敗しすぎてうつになってませんか?

計画性と言うのは社会人には必要不可欠です。

なんとなくやっている転職活動には計画性のかけらもなく、面接官はそれを見抜きます。

しっかりいつまでに内定をもらう。そのためにはいつまでにこれができていないといけない等細かな計画を立てることをおすすめします。

できない・・・ではなく、できる!

特に未経験の仕事だったりすると臆病になりがちです。

自分は○○だからこの仕事はできないだろうな~

と失敗してことを考えて可能性を消してませんか?

心配しなくてもその仕事を今している人は同じ人間で、初めてやる時は誰でも未経験なんです。

はじめからできないと思わずに、自分ならきっとできる!と思い込んでダメもとでアピールするくらいの意気込みで行きましょう!

その消極的な姿勢が未来の自分の天職と出会わなくさせているかもしれません。

まとめ

転職活動が上手にできない人の特徴としてはやはり取り組み方に問題があることがほとんどです。

まず自分自身と向き合い、自分の能力や経験、希望する転職先の条件等をしっかり考える時間んが必要です。

そして消極的にならず前向きにアピールする姿勢が大切です。

あくまでダラダラせずタイムリミットを設ける等計画的に進めることも重要です。

以上が後悔せずに転職活動を上手く進めるためのポイントです。

がんばってください!

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク