転職時の面接 第一印象に差を付ける身だしなみとは?

転職時の面接はまだ学生相手の新卒の面接とは見られているところが違います

特に身だしなみは第一印象に与える影響が大きいのでしっかりしておきたいところですね。

スーツの着方や髪型、ネクタイ等の小物までしっかり見られていますよ。

では転職時の面接で好印象に見られる身だしなみとはどういったものでしょう?

髪型は爽やかに黒髪短髪が一番

ビジネスシーンでのヘアスタイルは短すぎても長すぎてもいけません。

坊主頭だとなにか失敗したから頭を丸めたと思われてしまいます。

爽やかでいいんですが、社会人としては敬遠されることがあります。

逆に長髪は基本的にNGな会社が多いです。

面接を受ける際は短髪でビシッと決めるのが間違いないですね。

もちろん黒髪です。

パーマ等はある程度の範囲では許されるかもしれませんが、目立たない範疇でしましょう。

ヒゲは整えていたとしてもNGです。

必ずピカピカツルツルに剃ってから面接を受けましょう。

スーツは濃紺かグレーが無難

社会人なんでスーツも見られます。

リクルートスーツはダメです。いつまでも新卒気分だと思われてしまいますよ。

まずはしっかりサイズの合ったものを選びましょう。

ピチピチ、ブカブカはそれだけで印象は悪くなります。

色は濃紺グレー辺りが良いですね。

黒はやはりビジネスシーンでは相応しくないとされますので避けた方がいいでしょう。

無地でもストライプでも構いませんがチェックは避けた方がいいです。

最近の流行の方は2つボタンでラペルが細めでゴージが高く、着丈の短いものが主流です。

3つボタンを使用する場合は一番下のボタンは外しましょう。

ちなみにセンターベントでもサイドベンツでもどちらでもかまいません。

シャツは明るい爽やかな色

シャツは派手なものはやめましょう。

明るめのピンクやブルーならまだいいでしょう。

白もいいですが、フレッシュすぎて新卒感が出てしまう可能性があります。

ネクタイやスーツの色と相談して決めましょう。

やはり派手な柄が入っていない方がいいですね。

ちなみに柄物のアイテムはスーツ、シャツ、ネクタイの中一つだけにした方がキレイにまとまります。

例えば

ストライプのスーツ×無地のシャツ×無地のネクタイ

無地のスーツ×シャドーストライプのシャツ×無地のネクタイ

無地のスーツ×無地のシャツ×ドットのネクタイ

と言う感じです。

入れても2アイテムまでですね。

3つともになるともうピエロですw

ネクタイは印象を大きく左右させる

ネクタイの色って印象を大きく左右させる重要なアイテムなんです。

例えば

赤は情熱的で元気のいい印象

青は落ち着いて冷静な印象

黄色は誠実で優しい印象

こういった風に色は心理的に印象に影響を与えます。

自分の性格に合ったカラーを選択してください。

カバン、ベルト、靴は大丈夫??

しっかり見られていますよ。

ビジネスマンは腕時計と靴とベルトでその人ができる人かを判断します。

そういう意味でもこういった小物は気を付けないといけません。

基本的にベルトと靴は同じ色のものを使いましょう。

ベルト黒で靴茶色とかダメです。

出来ればカバンも同系色で揃えたいところですが、カバンくらいは大目に見てもらえます。

靴はキレイに磨いてピカピカである必要がありますね。

腕時計は高いものを付ける必要はありませんが、ビジネスシーンに合ったものを選びましょう。Gショックとかはやめましょうねw

あとはあなた自身の印象

髪型、スーツ、シャツ、ネクタイ小物と一通り揃えました。

最後に最も必要なのは笑顔と元気で大きな声です。

これは新卒だろうと転職だろうと面接で絶対に必要不可欠で最も重要な身だしなみです。

ある意味これができていれば服装は帳消しにできるくらいです。

まとめ

転職時の面接ではスーツの着こなし等しっかりチェックされています。

第一印象で決まるとも言われています。

スーツなら何でもいいではなく、しっかりビジネスシーンに合ったものを着用し、社会人としての常識があることをアピールしてください。

そして最後はあなたの笑顔と元気な声で印象はばっちりです!

パリッと貫禄のある身だしなみでがんばって来て下さい!

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク