転職回数は経験の厚み?転職経験が活きる場面は?

この転職時代となった昨今で転職経験のない人はむしろ経験が浅いと判断されることもあります。

一昔前までは終身雇用が当たり前で、長く一つの企業に勤めることが成功という風潮でしたが、今はそういうことはありません。

逆に転職回数が多い人、色んな企業を経験している人の方が重宝される時代です。

転職経験がどう活きる?

昨今では転職が当たり前です。みんな20代、30代の内に平均2~3回はしています。

転職回数不問の求人も多いです。

色んな会社で色んな仕事をしているというのははっきり言ってメリットでしかありません。

会社が変われば価値観も違います。

やり方も違います。管理方法も違います。

それぞれの良いところ、悪いところを比較できるので理解できると思います。

こういった違う環境での経験は自分の中のサンプルとして活きてきます

今いる環境で何か決めたり、課題を進める上で過去の仕事の経験がサンプルになり判断材料が増えます。

こういったものは転職回数が多い人しか感じる事の出来ない部分です。

そこは自信もっていいですよ!

転職経験の無い上司は頭が固い

長く同じ企業に勤めた人は出世して役職に就いたりすることが多いでしょう。

しかし、その会社しか知らないというのは経験が浅く、融通が利かない、頭の固い人である可能性が非常に高いです。

それはそうですよね、学生を卒業してその会社に入社して以来ずっとその会社の価値観の中で育てられてきたわけです。

考え方が偏ってしまうのもしかたありません。

色んな部署を異動してきた人ならまだしも、異動すら無い人だっているんです。

以前上司に相談したことがあります。

「なぜこういうやり方をするんですか?こうじゃダメな理由はなんですか?色んなやり方してみて最善の方法を見つけたらどうでしょう?」

こういう風に話しました。すると

「なるほどな。おれはこの会社しか知らないからそういう考え方したことなかったわ。」

と言う風に言われました。

もう上司ですけど、非常にかっこ悪いと感じました。

転職は恐れることは無い

転職回数が多くても何も恥じることはありません。

むしろその経験が自分の武器だと思って下さい。

転職する時の面接でもしっかり履歴書や職務経歴書に書き、そのことをアピールできれば何の問題もありません。

これまでの経験を活かして色んな意見を言ったり柔軟な考え方を導入できるようにがんばるということを伝えましょう。

そうすれば成功に近づけるでしょう。

まとめ

転職回数が多いということはそれだけ経験の厚みがあるということです。

これまでの会社の経験、良いところ、悪いところ等をサンプルとして持っているのといないのでは経験の厚みが違ってきます。

一昔前までの一つの会社に長く勤めることが成功という考えはもう古いんです。

転職回数が多い人はそれを武器にできます。自信をもって大丈夫ですよ!

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク