面接で聞かれる『短所は?』の正しい答え方とは??

新卒でも転職でも面接時に聞かれやすい質問『長所・短所はどこですか?』と言う質問ですが、長所は色々好きなことが言えると思いますが短所については答えにくい部分ですよね。

この質問をする面接官の意図を考えれば答えはそこまで難しくないです。

どういう風に回答するのが良いでしょうか?

長所・短所を聞く意図とは?

長所・短所を聞く意図は求職者がしっかりと自己分析ができているかを確認したいという点です。

特に短所は自分の悪いところをしっかり言えるかということなんで、自分の短所をしっかり認める事ができる人かと言うことを見ています。

答え方としては仕事を進めるうえで過去の失敗談や悩んだ経験等のエピソードを交えて回答するのが良いでしょう。

短所の内容は?

さて具体例も交えて回答していくわけですが、どういった内容を答えればいいでしょう?

はっきり言って印象の悪い短所は言わない方がいいでしょう。

・時間にルーズ

・せっかち、短気で怒りやすい

・恥ずかしがり屋で緊張しやすい

・人見知りで人と話すのが苦手

こういった短所は入社後に仕事をする上で支障が出るような内容なので言わない方がいいです。

紙一重で長所とも取れるような内容だといいです。

例えば

・集中しだすと一生懸命になりすぎる

・責任感が強すぎて一人で抱え込んでしまう

・心配性で気になりだしたら止まらない

・優柔不断で考えすぎる為、決断に悩むことが多い

等、短所だけどいい印象にも取れるものがいいと思います。

改善しようとしている姿勢を見せる

この短所+改善しようとしている姿勢はセットで回答してください。

自分の短所を認めた上でこういう風にすればその短所を克服できるからがんばっている。

という流れをアピールできれば満点です。

例えば

・集中しだすと一生懸命になりすぎる

⇒周りの状況もしっかり把握できるよう視野を広く持つ意識を持つことで克服できました。

・責任感が強すぎて一人で抱え込んでしまう

⇒同僚や部下に協力してもらいながら周りを巻き込んで仕事を進めるように心がけています。

・心配性で気になりだしたら止まらない

⇒要所要所で指差呼称をしたりチェックシートを作成して確実に確認できるようにしました。

・優柔不断で考えすぎる為、決断に悩むことが多い

⇒自分の意見や判断基準を常に持つようにし、周りの意見等も参考に決断するようにしています。

このように改善しようとしている姿勢、もしくは改善できたというような内容だと印象は非常に良いですね。

まとめ

面接で必ず聞かれる質問『長所・短所は何ですか?』に対してどう答えるのが正解でしょうか?

この質問はしっかり自己分析ができているかということを確認したいとともに、自分の短所に対してどう向き合っているかということを知りたがっています。

短所はあまりにひどい仕事に支障がでるようなものでなく、紙一重で長所とも取れるような内容だといいですね。

さらにその短所に対してどう克服しようとしているかということをエピソード等を交えて回答できれば満点です。

是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク