プロスポーツ選手に学ぶ 環境を変えて自分の力を引き出す方法

職場環境って非常に大事ですよね。

自分の能力をいかに発揮できるかというのは職場環境が自分に合っているかどうかと言うのが一つの大きな要素です。

プロスポーツ選手が違うチームに移籍して開花したケースは多いですが、その辺りについてかんがえていきましょう。

 

 

職場環境が自分の能力を抑え込む

職場環境と言いましても本当に色々あります。

厳しい環境もあれば緩い環境もあります

どういう環境が自分の能力を発揮できるかしっかり分析する必要があります。

厳しすぎると委縮してしまい、伸び伸びした方が発揮できるタイプ。

緩すぎるとサボってしまうので、ある程度厳しくしてくれる方が発揮できるタイプ。

自分がどういう環境で力を発揮できるか考えてみたことありますか?

これまで自分が一番活躍できた環境はどういう環境でしたか?

プロスポーツ選手でもチームの方針や環境が合わないと成績が残せず、移籍したチームの環境がマッチしていると開花するケースが多いです。

 

 

人間関係や上司が成長を妨げる

同僚や先輩、上司との関係性は仕事をする上で悩みになることも多く、成長の妨げになる可能性があります。

特に上司の性格はクセの強い上司ですと委縮してしまったり色んな制限を設けられる等押さえつけられてしまい能力が発揮できないということが多いです。

上司は選べませんが、自分に合わない上司のもとでくすぶっている時間というのは非常にもったいない時間です。

異動等がないのなら思い切って転職するのも手です。

運命の監督やコーチの教え方一つで人生変わることもあるんです。

 

 

次の環境が自分に合っているとは限らない?

今の環境が合ってないから転職するとして、でも次の職場環境が合っている保障なんてありません

それはそうですよね。実際働いてみないとわからないことなんてたくさんあります。

でもそれが恐いから行動しないなんてもったいないです。

調べられるだけ調べてみて下さい。

今の時代結構わかるもんです。

その情報と今の環境と比べて天秤にかけた結果今より悪くないのであれば行動してみましょう!

人生一度きりなんで、ずっと同じ場所でくすぶってるなんてもったいないです。

きっとその転職の経験は将来あなたの役に立つことでしょう。

 

 

まとめ

自分の能力が十分に発揮できるかと言うのは置かれた環境に大きく影響します。

プロスポーツ選手が移籍先で開花するようなケースは多くありますが、潜在能力を引き出せるかと言うのはその環境、上司、同僚等に関係していると言っても間違いないでしょう。

このまま自分に合わない環境でくすぶっているか、思い切って一歩を踏み出し自分に合った環境で一皮むけるかよく考えてみて下さい。

全てが上手く行くわけではありませんが、環境を変えれるのは自分だけです!

一歩踏み出さいてみてはどうでしょう?

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク