超絶楽なセルフガソリンスタンドの仕事 アタリ現場とハズレ現場

世界で一番楽な仕事と評判の深夜のセルフガソリンスタンドのアルバイトですが、その店舗の店長や会社によってはアタリとハズレがあります

アタリ現場は想像を絶するほど楽ですが、ハズレ現場ではこの仕事のおいしい部分があまりなかったりすることもあります。

その辺りの見分け方を紹介します。

深夜のセルフガソリンスタンドが楽な理由

深夜のセルフガソリンスタンドには危険物乙四の資格を持っている人が一人いていないといけません。

危険物乙四の簡単資格取得方法についてはこちら

しかし深夜はお客さんが少なくて任された仕事も少ないんで楽です。

さらに基本的に一人勤務なんで煩わしい人間関係に悩むことも、意地悪な上司にイライラすることもありません。

勤務中は自由度が高いので、一人で自由にお留守番をしているだけの状態と言っても過言ではないです。

お菓子食べながら漫画読んだり、動画見たりうたた寝したり趣味をしたり。

おすすめな楽な仕事!深夜のセルフガソリンスタンドについてはこちら

アタリ現場とは?

色んなスタンドを回った中で一番楽だったのが実労働時間15分で後は待機というような天国のようなスタンドです。

時給換算すると51,400円でした。

あまりにも楽でしたw

研修で教えてくれた人は趣味のレザークラフトで暇をつぶしていると言っていました。

アタリ現場は夜現場行ってみればわかります。

従業員が何もしていなくて人もいないようなところが狙い目です。

ハズレ現場とは?

ハズレ現場はまあ楽ではありますが、深夜のセルフガソリンスタンドで勤める旨味を十分に受けることができないようなところです。

といっても実労働時間は2時間くらいです。

時給は6,400円くらいですので十分ですw

確認するポイントととしては以下の点あります。

監視室の中にトイレがあるか?

室内にトイレがあると、トイレを使用するお客さんが通りますのでお客さんに姿を見られてしまいます。

そうすると自由度は若干下がります。

本当に好きな事や趣味(レザークラフトとか?)はしにくいですね。

まあできないとは言いませんが。

二人体制ではないか?

二人体制だとやはり真の自由は手に入りません

ちょっと気を使いますし、その相棒が気の合わない人だとしんどいです。

まあ深夜に二人入れるメリットは少なく人件費がかかりますのでほとんどないと思います。

深夜帯でも呼び込みをしたり、トラックの給油所だったり、コンビニ併設だったりすると二人体制の可能性があります。

夜中に確認しに行けばわかります。

店内がやたらとキレイでないか?

店内、構内がやたらとキレイだとクレンリネスに力を入れている店舗の可能性が多く、深夜の人に清掃をたくさん任される可能性があります。

そうすると実労働時間が伸びてしまいます。

とは言えやはりどんなに清掃しても3時間もすればやるとこなくなりますがねw

できるだけ楽な方がいいので、清掃時間も短い方がいいですよね!

外から監視室の中が見えるか?

基本的に監視室はブラインドがしてあったり、マジックミラーになっていて外からは見えないようになっています。

外から見えてしまう店舗ではお客さんの視線を常に気にしないといけなかったり、場所によっては座ってはいけないと言うようなルールがある場合があります。

まあそれでも座ってますけどねw

外から見えない店舗の方が気兼ねなく自分の好きな事ができますのでおすすめです。

まとめ

深夜のセルフガソリンスタンドは超絶楽なアルバイトですが、その中でもアタリ現場とハズレ現場があります。

深夜のスタンドに見に行けばある程度判断できます。

トイレの位置や監視員の数、店内の清掃状況、外から中が見えるか等を確認しアタリ現場を探してみて下さい!

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク