工場勤務の一日の流れ 大手メーカーの子会社 精密機械生産

工場の一日の流れについて第二弾です!

同じ工場勤務と言えど業種や会社が違えば仕事内容や流れは全然変わってきます

この会社は決して楽ではなく、結構細かくて息苦しい社風ですw

そんな工場の一日を見てみましょう!

大手メーカーの子会社 精密機械の生産

この工場は非常に口うるさかったり細かいことをグチグチ言ってくる会社です。

というのも大手メーカーの子会社という位置づけなんで上から圧力が強くかかっています

その辺の社風の違いについても紹介していきます。

この1日は正社員のライン管理者として生産している女性や設備、生産数等を管理する仕事です。

大手メーカーの子会社 精密機械生産の仕事内容についてはこちら

7:30 出社

定時は8:30なんですが一時間前に出社します。(もっと早く来ている人もいました。)

しかもがっつり準備やら仕事やらをします

休んだ人の準備までやらされて朝一の時点で結構クタクタになっていることもしばしば・・・

いくら早く来て仕事してもお金にはなりません

8:30 朝礼

ここでみんな集まって朝礼をします。

この時点で一時間タダ働きしてますので結構疲れています。

注意事項や生産計画等を確認し、生産スタートです。

始まった瞬間トラブルとかもよくあり、順調に昼まで行けば万々歳です。

10:10 休憩

やっと休憩です。

といってもたった10分だけなんで、出来ることは限られています。

タバコを吸う人、お茶やコーヒーを飲む人(仕事中は飲食禁止)、雑談をする人。

それぞれ思い思いの時間を過ごします。

が、一瞬で終わりますw

10:20~また仕事開始です。

12:00 昼休憩

お昼休みです。

お昼ご飯は会社が頼んでいるお弁当です(一食240円)おいしくはないけどまずくはない。

この休憩は45分ありますが楽しい時間ではなく、やはり自由度は低くつまらない休憩を過ごします。

45分休憩ですが、10分前には持ち場に戻り掃除を開始します。

12:45からまた地獄のように長い時間が始まります。

12:45 昼勤開始

短い不自由な休憩が終わり、今から昼の仕事です。

この会社は夕方くらいが一番忙しいので、来るパニックタイムに向けて準備を整えます。

この辺りでトラブルが発生すると地獄絵図です。

ということで走り回る午後が始まります。

15:05 休憩

また一瞬の10分休憩が始まります。

もう結構疲れているのでこの10分が身に沁みますが、本当に一瞬で終わるので全然物足りません。

ため息をついて最後の仕上げに向かいます。

15:15 最後の仕上げ

定時も近づきあと少しで1日の生産目標を達成できるかというところ。

しかしここが一番ややこしく一番面倒なところです。

早く終わりすぎてもダメ、遅く終わってもダメという条件の中人員を目まぐるしく移動させ、全ラインを定時の10分前くらいで終わらせるように調整しなければなりません。

これをする意味はよくわかりませんでしたがね・・・

17:35 定時

最後のよくわからない追い上げのせいでクタクタになりながらもなんとか定時で全ラインを終わらせることができ、おばちゃんたちは帰っていきます。

しかしぼくら管理者はここからがまた一つの山場です。

ラインが動いているうちにできなかった仕事を進めていきます

事務処理、設備のメンテナンス、修理、改善、課題・・・

やることは山のようにあります。

しかし残業はできるだけするなと言う上からの命がありますので、早めに切り上げて帰りたいところ。

20:00 帰社

なんやかんやでもう20:00になり、上司からの冷たい視線にも耐えられなくなってきたところでやっとお疲れ様です!

ヘロヘロになりながら電源の確認をしたり、コンプレッサーを落したりします。

もう外は真っ暗です。

そして明日も朝は早い。

帰って日本酒をひっかけながらつかの間の休息に入ります。

やりがいはあるのかもしれませんが、毎日辞めたいと思っていました

まとめ

大手メーカーの下請けとして精密機械を製造する種類の工場での1日の流れです。

この会社は細かいことをグチグチ言ってくる社風なんで1日が本当に長く疲れます。

休んでいる暇もなく、常に走り回っています

残業も毎日2時間前後あり、体力的には結構きついかと思いますが、その分給料は悪くなかったです。

どういうライフスタイルがいいか考えマッチした仕事を見つけ出すのが本当に大事なんですね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク