楽な仕事の条件 どんな仕事が楽なのか??

楽な仕事ってどういう仕事でしょうか?

それは逆にしんどい仕事はどういうものなのかということを考えてみたらすぐにわかるんじゃないでしょうか?

ということで、それぞれあるでしょうが楽な仕事の条件についてです。

楽な仕事の条件

当サイトでは楽な仕事についていくつか紹介してきました。

楽ではない、しんどい仕事も経験した上で、楽な仕事の条件を考えてみたいと思います。

ちなみに当サイトで紹介させていただいた楽な仕事の代表は

・深夜のセルフガソリンスタンド

・老人ホームの宿直

がぶっちぎりで楽です。

本当にお金もらってもいいの?おすすめ楽な仕事についてはこちら

人間関係がない

誰もが悩むのが人間関係です。

ややこしい上司、偉そうな先輩、めんどくさい同僚、生意気な後輩・・・

まあ色々いるでしょうw

だいたいどこの職場に行っても必ずいるんです。

となればそういった面倒な人間関係の極力少ない、一人でするような仕事が楽な条件の一つかと思います。

いやあ、一人って本当にいいですよ!

残業がない

仕事が忙しくてなかなか定時で帰れない。

そもそも残業代が出ない等の問題もあるんじゃないでしょうか?

定時でもへとへとなのにさらに残業までとなると気持ち的にもしんどいですよね。

これが毎日となると・・・

残業があるということは業務量が多いということ、つまり楽ではないということです。

残業なんてないにこしたことないんです!

座れる

立ち仕事というのは意外にもしんどいものです。

イスに座れるだけでどれほど気持ち的に楽になるか。

足腰にかかる負担って全然違いますよw

まあパソコンに向かいっぱなしとかだとそれはそれで肩凝ったりもしますけどね。

肉体労働ではない

肉体労働の疲労って蓄積するんです。

やれ腰が痛いだの肩が痛いだのという問題が出てくるわけです。

これって一生の問題になります。

出来るだけ肉体労働はない方が楽な仕事だと言えます。

ノルマがない

ノルマがあると精神的に疲れます

仕事の時も休みの時もずーっとノルマのことを考えないといけません。

休んだ気にもなりませんよね。

楽な仕事の条件としてノルマがないというのは必須条件なんんじゃないでしょうか。

休みが多い

カレンダー通りに休めたりするとかなり体的に楽です。

休みが少なく土日にも駆り出されるような仕事は楽な仕事からはちょっと遠いんじゃないでしょうか。

せめて週休二日くらいは必要になります。

まとめ

いかがでしょうか楽な仕事の条件について。

人それぞれ思うこともあると思いますが、きっとこの中の条件がいくつか当てはまる職場は楽な仕事と言えるんじゃないでしょうかね。

多分全て当てはまるところはないんじゃないですかねw

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク