いま若者に人気急上昇?タクシードライバーって楽なの??

今若者の間でタクシードライバーの仕事が人気を集めています。

なんでタクシードライバーが人気なんでしょうか?

タクシードライバーっておじさんがやる仕事ってイメージが強いですが、実態はどうなんでしょう?

タクシードライバーの実態

まずタクシードライバーという職業はイメージの通り、タクシーを運転しお客様を目的地に連れて行くことが仕事です。

勤務体制は日勤、夜勤と隔勤というものがあります。

隔勤は基本は朝の8時から夜の2時くらいまでというところが多く、とかなり長いですが休みが非常に多いです。

月に最大13乗務までと限度が決まっており、年間休日は200日を超えます。

三日に一回勤務するような感じでしょうか。

しかし、給料は安く平均的な年収は300万円代が多いです。

ではこういったタクシードライバーがなぜ人気なんでしょうか?

その理由を紐解いて行きましょう。

人間関係がない

社会人の悩みNo.1、人間関係です。

タクシードライバーは勤務時間のほとんどを一人で過ごします。(もちろんお客様はいますが)

面倒くさい上司や同僚との人間関係は皆無だと言えます。

そういった点では非常に気持ちが楽な仕事と言えます。

やはりどこの会社に行っても悩むのは人間関係です。間違いありません。

休みが多い

勤務時間が長かったり、夜勤がある等のおかげで明けが休み同然となります。

年間200日以上の休みは非常に魅力的ですね。

明けや有給休暇を使えば2連休、3連休もたくさん取れます。

プライベートを充実させたいというのが昨今の若者の傾向というわけですね。

素晴らしい!

がんばれば給料は上がる

タクシードライバーは歩合制です。

がんばればがんばるだけ給料は挙がって行きます。

必死で働けば年収600万から700万も可能と言われております。

タクシードライバーの平均年収が低いのはサボる人が多いからです。

よく見かけますよね、サボってるタクシードライバー。

まぁサボって自分のペースで働けるのも魅力の一つではありますけどね。

会社のお金で免許がとれる

タクシードライバーになるためには普通二種免許が必要なんですが、これを取得するためには結構な費用が必要になります。

しかし会社が負担してくれたり、教習所に通っている間も給与を保証してくれるような会社が多いです。

そうなればタダで免許もとれて給与も入るとか最高ですよね!w

まあ全ての会社がそういうわけじゃないですが、美味しい条件ではありますね!

まとめ

今若者に人気を集めている職業、タクシードライバーはなぜ人気なんでしょうか?

それは人間関係のない、ストレスフリーな環境と、がんばれば給料が上がる歩合制度休日が多くプライベートを充実させれる勤務体制タダで免許をとれる制度等が理由になっているのかと思います。

お金より時間を大事にしたい人や、何か目的があって働いている人にはもってこいですね。

確かにそう考えるとやりようによっては楽な仕事なんじゃないでしょうか?

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク