面接で絶対に言ってはいけない退職理由と理想の退職理由

面接で1番答えるのが難しいのが退職理由ですよね。

うかつなこと言ってつっこまれたら印象悪くなりますし、難しいところです。

人事サイドとしても全て本当のこと言っているとは思わないにせよ、どう言うふうに答えるかは注目しているはずです。

絶対に言ってはいけない退職理由と理想の退職理由について紹介します。

絶対に前の職場の悪口は言わない

会社の評判ってすごく大事ですよね。

やめた人が会社の評判下げるようなこと言ってたら大変な損害です。

人事は前の職場の悪口を言う人かということも必ず見ています。

その人を採用して辞められたあとに会社の悪口ばらまかれても困りますしね。

そういう常識があるかというところは評価の1つとして考えて下さい。

人間関係や体調のトラブルは×

人間関係なんていうのはどこにだって問題はあります。

ややこしい人なんて世界中どこ探したっています。

そういう人とトラブルを起こすということは、新しい職場でも同様にトラブルを起こします。だから人間関係が原因で辞めましたなんてことは口が避けても言ってはいけません。

また体調のトラブル(腰や足が悪くて仕事できなくなった等)はやはり新しい職場でも同じように体調を崩したりしないかと心配になります。

もし、本当に体調のトラブルで退職すたのなら、今はリハビリを経て完治している等現状不安要素はないことは伝えるようにしましょう。

ポジティブな理由にする。

新しい会社でこんなことが学びたい。

新しい会社でこんなチャレンジがしたい。

といったようなポジティブな理由だと好印象です。

でも表面的なペラペラのポジティブはすぐにバレます。

将来的なビジョンも含めて長期的に会社に貢献したいと思っていることを伝えましょう。

その中で具体的な内容や目標も交えて発言できるとかなり好印象です。

その辺りは下調べが必要ですね。

謙虚に学ぶ姿勢をアピールできればいいでしょう!

悪いところはしっかり認め、反省点と改善点を!

話している中でどうしても辻褄が合わなかったりすることもあるでしょう。

しかし、先に述べた通り会社が悪いとしてしまうのはNGです。

自分が能力を発揮できず、こういうことが反省点で、今後こいう改善をすれば良くできる等前向きな姿勢を見せましょう。

やはり具体的な例目標を口にできれば印象は良いです。

まとめ

退職理由は難しいですね。

絶対に言ってはいけないのは前の会社の悪口を含めたネガティブな発言

できるだけポジティブで前向きな姿勢をアピールしたいところです。

やむを得ずネガティブな部分を言わざるを得ない時は反省点改善点も話し、やはり前向きな姿勢に持っていければ問題ありません。

難しいですがかんばって下さい♪

スポンサーリンク

フォローする