面接後のお礼状って本当に必要? 書き方は?

転職

転職において面接を受けた後にお礼状を出すというのは一つのマナーとして確立されています。

一昔前では出しても出さなくてもどっちでもいいよと言う感じでしたが、最近はそうでもないみたいですね。

ではその内容や書き方等について紹介します。

お礼状は本当に必要か?

そもそもお礼状は本当に必要なんでしょうか?

はっきり言っていらないと言えばいりませんw

お礼状を出したから受かるわけでもありませんし、出さなかったから落ちるというわけでもありません。

仮に同じような能力、人柄の人がおりどっちを採用するか迷いに迷った時に片方がお礼状を出していればもしかしたらそっちにするかもしれないという程度だと思います。

 

とは言えマナーとして厳しい会社もあるにはあります。

本当に受かりたいのであれば出すに越したことは無いでしょう。

プラスになるかどうかはわからなくてもマイナスになることはありません。

 

お礼状の内容は?出すタイミングは?

内容に関しては長々と書く必要はありません。

忙しい時間を面接に割いていただいてありがとうございますということや、今後の意気込み等を簡潔に書きましょう。

面接でアピールし忘れたこと等ここで最後のアピールと長々と書かれてもいちいち読みません。そうなればむしろマイナスイメージになってしまいかねません。

 

出すタイミングとしては面接が終わってすぐがいいでしょう。

期間を置いてしまうと出す意味がなくなってしまいますし、熱があるうちに出すのが賢明かと思います。

基本的にメールより書面にして封筒で出すのが間違いないです。

 

書き方は?例文紹介

ネットで検索すれば様々な例文やテンプレートを見る事ができます。

丸パクリもあれなんで、色んなところからいい所を合わせて作ればいいと思います。

特に書き方に正解、不正解があるわけではないので、自由に作成してください。

横書きがおすすめです。

 

例文

 

◯◯株式会社
人事部人事担当◯◯様
 謹啓
この度はお忙しいところ面接のお時間を頂戴し、ありがとうございました。
 仕事内容や社風等細かいところまでご説明いただき、より一層貴社で働きたいという想いが強くなりました。
 とり急ぎ面接の機会を与えて頂けたことにお礼を申し上げたくお便りさせて頂きました。
末櫃ながら、貴社のご発展をお祈り申し上げます。ありがとうございました。
敬具
 平成◯◯年◯◯月◯◯日
住所○○
氏名◯◯

こんな感じでいいと思います♪

 

まとめ

転職の面接後にお礼状を出すかどうか迷う人もいるでしょう。

特に中途採用では社会人のマナーとして必要不可欠と言う人もいるかもしれませんがお礼状にそこまで大きな意味がとは思いません。

しかしどうしても入社したいという想いを伝えるには書いておいた方がいいでしょう。

面接の答えはほぼ決まっているかと思います。最後の一手になり得るかどうかは運しだいですが、後悔したくなければ出しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました