ヘッドハンティングで失敗しない条件の交渉とは?

転職

ヘッドハンティングってされたことあります?

あまり身近に感じないかもしれませんが結構あることなんです。

特に最近は人手不足の時代なんで、どの企業も即戦力が欲しいに決まってます。

そんなヘッドハンティングをされた時に損しない条件の交渉術です。

スポンサーリンク

ヘッドハンティングとは?

ヘッドハンティングは他の企業にいる人をうちに来ないか?と誘うことです。

あまり公にはなってないですが結構身近に行われていることなんです。

というのも、今の時代はどこの会社も人手不足で即戦力が欲しいんです。

新しい人材を入れてもその人が当たりかどうかもわかりませんし、長続きしないかもしれません。

教育や育成に時間もかかります。

というわけで確実に即戦力になる人には多少無理をしてでも転職してきてほしいんでヘッドハンティングをするわけです。

 

ぼくの周りであったのが、工場の設備屋さんをヘッドハンティングして業者呼ばなくても設備を直せるようにしたという例。

設備屋さんでの知識や経験、資格等は確実にその工場では役に立ちます。

他には接客ですごく人当たりが良くて営業の仕事にヘッドハンティングされたり、営業⇒営業のヘッドハンティングもありました。

ぼく自身も何度かヘッドハンティングしてもらえたことがあります。

 

ヘッドハンティングされたら強気で交渉すべし!

ヘッドハンティングされるということはその会社に必要な人材というわけです。

お金を出して誰が来るかわからない求人募集を出すのはもったいないです。

なんで普通に入るより条件は少し良くなります

 

ヘッドハンティングされて入社するかどうか?となった時、給与等の条件の交渉がありますが、喉から手が出るくらい欲しい人材なんで強気で交渉しましょう。

今の会社はこのくらい給料もらっているので、少し上がるなら入社してもいいですよ!

的な上から目線くらいで交渉しましょうw

この時今もらっている給料は盛り気味に言いましょう。

 

しかしあまり条件上げ過ぎると逆に断られることもありますので、常識の範囲内で交渉しましょう。

 

まとめ

ヘッドハンティングってあまり聞きませんが結構身近に行われています。

どこの会社も人手不足で即戦力が欲しいので多少無理してもヘッドハンティングしたいんです。

その場合条件を決める際には少し強気で交渉することをおすすめします。

企業にとっては喉から手が出るほど欲しい人材です。

今貰っている給料を少し盛って言って、これより多くもらえるなら入社しますというような交渉をすればいいでしょう。

 

あまり強気すぎると逆に断られますのでその辺りは注意してくださいねw

転職
DA-MATAROUをフォローする
楽な仕事に転職して生きていこう

コメント

タイトルとURLをコピーしました