働きながら転職活動をバレずに行う方法とは?

転職

転職活動って在職中に行うとすごく大変ですよね。

やっぱりバレないように水面下で進めないといけないですし、仕事がある中予定を調節して面接に行くのも大変です。

ということでぼくが働きながら転職活動を上手く進めた方法を紹介します。

転職活動をしていることは絶対バレてはいけない

転職活動をしていることは絶対バレてはいけません

というのもバレてしまうと引き止められますし、転職活動を阻止されてしまうかもしれません。

バレたらクビとまではいきませんが、まあいい顔しませんわね、転職活動をしている人と一緒に仕事をするのは・・・

ということでいかにバレずに転職活動を進めれるかというのが上手く転職するコツになってきます。

 

書類を作るのはそこまで難しくないですが、一番のネックになるのは面接ですね。

転職先もだいたい定時内で面接することになるので、在職中の勤務時間や休みとかぶる場合は調整しないといけないわけです。

定時後の19時から面接とかなかなか難しいです。

 

有給を取るにしても・・・

面接を受けるにあたって早退したり有給を取らないといけない場合があります。

しかしいついつに面接があるとわかっているわけじゃないんです。

電話がかかってきて

書類選考通過しましたので是非お会いしたいんですが、面接日は○○です。

と一方的に決められることも多いでしょう。

そうなったらその日のその時間に時間を空けるしかありません。

それが一週間後とかなら事前に有給を取りたいと言えるのでまあなんとかいいんですが、明日や明後日とかになる可能性だってあるわけです。

 

有給を取るには何か特別な緊急性のある理由が必要なわけです。

どう乗り越えるのが良いのでしょうか?

 

転職活動を始める時に立てておくフラグ

転職活動を始めると急に面接が入ってしまう可能性があるので、早退や有給を取りやすい状況を作っておく必要があります。

ズル休みを取るための理由でも紹介しましたが、急に有給を取れる状況というのは、ケガをしているような状況を作るということです。

と言っても本当にケガをする必要はありません。

仮病でいいんです。前もって最近腰が痛いんですよね・・・とかを周りに言うようにします。

そうしたら急に休みを取っても疑われずに済みます、何度か重なっても調子悪くて通院していると捉えられるので大丈夫です。

 

しかし場合によっては診断書が必要になるような会社もあります。

なんで、診断書の必要のないギックリ腰なんかを理由にすれば問題ないでしょう。

 

ずる休みをする時におすすめな休む理由、言い訳についてはこちら

 

まとめ

転職活動をしていることは会社の人に絶対バレてはいけません

しかし面接を受けるには時間の調整等上手くしないと円滑に進めることはできません。

有給を取らないと面接受けれないなんてことも多々あります。

会社にバレずに早退したり有給を取って上手く面接を受けるにはどうすればいいでしょうか?

 

急な有給でも取れるような状況を作り出すほうがいいでしょう。

それは腰痛がひどく、ギックリ腰になりそうな感じを出すことです。

そうすれば急な有給も取りやすいし、診断書も出しようがないのでばれることなく簡単に面接に行けるわけです。

よかったら使ってみて下さい♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました